スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の整理

またまた久々の更新になりました。
ここのところ、心身ともに疲れてしまいパソコンの電源を付ける元気がありませんでした。
というのも、先月19日父が突然他界しました。

今日の記事は自分の心の整理をする為に書きたいと思います。

3年前に脳出血を起こし、車椅子生活をしていていましたが、去年末に後遺症によるてんかん発作を起こして入院しました。
その後、大きな発作が無く、少しずつ自力で歩けるようになってきました。

そして今回、8月17日、ちょうど私の床上げ(産後21日目)の日に父の具合が悪くなりました。
前日まで高校野球を一日中観ていて、食事をきちんと摂っていたんですが、その日は朝から体調が悪かったんです。
お昼ぐらいから本当に苦しそうにしていたので、午後一番で主治医の先生に診てもらう事に。
午後一番と言っても3時からだったので、辛かったと思います。
母が病院に連れて行き診察を待っている間、七転八倒していたそうです。
その病院では手に負えないので、父が入院をしていた大学病院へそのまま直行。
検査の為、一週間の入院が決まりました。
大学病院で処置をしてもらってからは、痛み止めを打ってもらい楽になれたそうです。

入院をして日付が変わった午前2時、病院から母が呼び出されました。
午前4時、母からの電話で父が長くない事を聞く。
原因は、後遺症の一種で「急性腹部大動脈閉塞症」というもの。
下半身に血液が行きわたらず、足から壊死していたそうで、CTを撮った時には下半身が壊死で真黒だったらしい。
先生の説明によると、内臓にまで症状がみられるので、足を切断する手術をしても気休めにしかならないと言われました。
母と妹とで、手術はしない事になりました。

その日、母や妹夫婦、伯母などが父を見舞ってくれましたが、私は産後だしこつぶちゃんもいるので、お見舞いには行かれませんでした。
オットが会社帰りに父のところへ行き、「ひじきが来れなくてすみません」と言ってくれたのは、すごくうれしかった。
母も看病に疲れてしまい、早めに帰宅してきました。

翌早朝、私の携帯に病院から電話が入り、父の容体が急変したのですぐに来るように言われました。
私は行けないと思っていたら、オットがこつぶちゃんを見てくれると言う事で、すぐに病院に行きました。
連絡をした妹も同時に到着して集中治療室に入ると、父は既に息を引き取っていました。
結局、お見舞いをすることも、最後を看取ることも出来ませんでした。

元々、気を遣う父だったので、私の体調が良くなってきてから逝ったのかなぁと思います。
本当は来年春に新築する家に住んで欲しかった。
17日間だったけど、孫と一緒に暮らせて本当に良かったです。
こつぶちゃんの目がいつ見えるようになるのかと、高校野球の試合ばかり気にしていました。

100901no1

葬儀は親族だけでしました。
母の希望で家族葬にしました。
参列者が少なくお焼香もすぐに終わってしまったけど、大好きだった水割りを作ってあげたり、みんなで作ったお弁当やオットが作ったシフォンケーキをそばに置いてあげる事が出来て、とてもあったかい葬儀になりました。

父の棺の蓋が閉められる時と、火葬されシャッターが下りる瞬間が一番辛かったです。
骨になった父を見て、がっくりしてしまいましたが、本当に亡くなったんだなぁと実感しました。
まだまだ悲しいけど、いつまでも悲しんでいたら父も気になって三途の川を渡れないと思うので、少しずつ心の整理をしていきたいと思います。

コメント

ひじきさん、お辛かったでしょうね・・・
すみません、かける言葉がみつかりません。

少しでもお孫さんと一緒に暮せて、
お父様も幸せだったと思います。

お父様のご冥福をお祈りいたします。

どうぞご家族の皆様もお疲れがでませんように、
くれぐれもお体をご大切になさってください 。

e-278真子ちゃんへ
ありがとうございます。
すごく重い記事ですみません。
でも、文章にしてみてたら気持ちが落ち着きました。
まだ時々、ふと思い出して悲しくなるけど、最後に親孝行出来たかなって思います。
64歳だった父は、おばあちゃんよりも先に逝ってしまって、本当に親不孝者です。
私は母よりも長生きして、母に悲しい思いをさせないようにします。

ひじきさん、こんばんは。
お父様のご冥福をお祈りいたします。
産後の肉体的にも精神的にも不安定な中、お父様がお亡くなりになって大変だろうと思います。
きっとこつぶちゃんはおじいちゃんのこと見えてましたよね。
ゆっくり休む間もないと思いますがゆっくりしてください。

ひじきちゃん、大変だったんだね。
お父様、短い間でもこつぶちゃんと過ごすことが出来て、
きっと喜ばれたと思います。
ひじきちゃんの産後の回復を待つようにして
天国に行かれたんだね。
その優しい親心に涙が出ました。
きっとこれからも天国から、ご家族を見守っていると思うから、
元気を出してこつぶちゃんにママの笑顔見せてあげてね。

e-278ebimamanさんへ
こんにちは。
あたたかい言葉にすごく癒されます。ありがとうございます。
今年はいろんな事が起こる年でした。
考えてみたら私と妹は今年本厄なんです。
体の方はだいぶ安定してきました。
父も孫を抱っこ出来て、見つめる事が出来て幸せだったと思います。
しばらくは慌ただしい日が続くと思いますが、しっかり休んで体力をつけます!!

e-278HARUKA☆ちゃんへ
本当に急だったからね。
一週間の入院って言っていたのに、そんなに早いとは思わなかったよ。
でも、入院してからは痛みから解放されたし、長く苦しまなくて良かったのかも。
私はまだまだ心が弱いけど、母といもこは毅然としていたよ。
やっぱり母は強しだね。
私も強い母になれるかなぁ。

ご冥福をお祈りいたします。
先日の親族一同に揃った写真にもお父様はいらしたのでしょうか。
悲しいときにはウンと悲しんでいいと思います。
悲しんであげないと故人もさみしいでしょうしね。
私は、いまでも祖母が亡くなったことを思い出すと泣けてきちゃいます。祖母の存在の大きさをそのたびに確認します。
この思いが薄れてくることの方がむしろ怖いです。

e-278kazazaさんへ
先日の親族の写真が最後の写真になりました。
最近やっと父の遺影をじっと見る事が出来るようになりました。
今は楽しかった事ばかり思い出します。
生前は嫌な事しか思い出せなかったのに、不思議ですね。
kazazaさんはおばあちゃん子だったんですね。
そんな風に思ってもらえて、おばあさまも天国で喜んでいると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひじき

Author:ひじき
Name:こたろう
(ミニチュアダックスフンド)
Birthday:2004.6.15


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
お友達リンク
ブロとも
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。